MLM

AsianBank &CapitalTrust アジアンバンク キャピタルトラストは詐欺?実態はMLM!カード発行の真相は?【最新情報の追記】

AsianBank アジアンバンク

 

テルちん
テルちん
こんにちは、テルちんです。

 

ここ最近は、ネットビジネスの副業の紹介が多かったですが、今日は、「AsianBank&CapitalTrust アジアンバンク」というアメリカの米国オフショア信託銀行のご紹介です。ビジネス会員になりアフィリエイト報酬やMLMで稼げるようになっていますが、実態はかなり怪しく口コミの情報や会社の実態なども解明していきたいと思います。

 

新時代のアフィリエイト戦略

 

上記の極秘ノウハウを無料で受け取りたい方は、
LINE登録でプレゼントします。

↓↓↓

友だち追加

 

 

AsianBank & CapitalTrust アジアンバンクキャピタルトラスト についての検証!

 AsianBank アジアンバンクAsianBank アジアンバンク
出典:https://i-v-affiliate.com/abct/

 

AsianBank&CapitalTrustの(アジアンバンク)の概要について

 

口座開設について

 

 ASIAN BANK & CAPITAL TRUSTは、

アメリカの首都ワシントンD.C.でのライセンスを所有するハワイに拠点がある信託銀行で、

アジアの個人向けに特化したオフショア銀行。

オフショア銀行とは

オフショア地域(租税回避地)と呼ばれる税制上の優遇を受ける事のできる金融特別区内の銀行を指します。居住者以外の預金・運用を目的とした銀行のこと

 

口座開設によるメリットとは? 

 

・口座開設はすべてインターネットから申し込みが可能

・アプリで簡単にインターネットバンキングが利用可能

・スイフトコードで世界中の銀行から海外送金

・ビットコインなどの暗号通貨も口座に直接送金可能

・デビットカードで世界中のATMから出金・支払いが可能

・ハワイに顧客専用プライベートサロンを開設

・顧客対応専用の提携サポートサービス

・アメリカはCRS非参加

 

通常の銀行とは違い、一般的な銀行のように企業や個人などへの融資を行なっていないのが特徴で、口座に預けられた資産は、そのまま銀行の資金として保有されるため貸出した資金が回収不可能になり銀行経営が困難に陥ることはないのでリスクが無いというのが一つの売りになっています。 

金利は付かないようですが手数料がとられます。

実はこれがアフィリエイターの収入源になっています。

個人的には、あまり口座開設するメリットが感じられません。

 

CRSとは?

 

CRSは、”Common Reporting Standard”の略称、日本語に翻訳すると「共通報告基準」というような意味になります。共通報告基準(CRS)はG20主導で導入され、2014年7月のOECDの会議で承認されました。

CRS加盟国では、1年に1回、各国間で金融資産情報に関する報告することで脱税を回避する仕組みを採用しています。

アメリカでは、このCRSへ参加していない国であり、他国に対して口座情報に関する報告義務がありません。

ということで、脱税が出来るような気がするでしょうが、実際には所得に対して連邦税が一律21%課せられます。

 

課税逃れが目的でアメリカに資産を移すことに対しては、最高で懲役30年という罰則があるので注意が必要ですね。 

日本人が海外銀行を活用して、

「日本の銀行にだけ預金をせずに海外の銀行にも預金をして資産防衛を行う目的で利用しましょう」というのが口座開設を行う理由として謳われていますが、これもリスクを分散することになるとは思えません。

日本の銀行で分散していても同じような気がします。

 

不労所得が得られるアフィリエイトシステム

 

不労所得が得られるアフィリエイトシステムがアジアンバンクでは取り入れています。

と言いつつ中身はMLMのマルチ商法。

アフィリエイターとしての3万アカウント限定で
オーナー権利付きのビジネス会員としてアカウントを開設した場合、

オーナー権利付き1口が約3,000ドルを取得することでオーナーなれば、
半永久的に株主配当のように受け取ることができるビジネスモデルになっています。

会社が存続する前提での話にはなりますけどね・・・

 

 

下記の手数料関連の手数料の一部が報酬の分配金として報酬が得られる仕組みになっています。 

為替手数料
暗号通貨両替手数料
通貨引出手数料
積立商品
生存年金商品…etc
 

 

ここで、冷静に判断する必要があると思います。

確実に報酬が得られるとは断定出来ません。

 

ビジネス会員になる条件は?

 

上述した権利報酬を受け取ることのできるビジネス会員になるにはキャンペーン期間中に限り、

・開設サポート費用:$3,000→$2,650

・更新費用:$400 

 

をアカウント管理を行っているサポート会社(IVA)に支払う必要があります。
(キャンペーン終了後は開設費$3,000になります。)

ビジネス会員ではなくカスタマー口座開設のみの場合には

 

・開設費用:$1,500

・更新料 $200

となります。 

 

【支払の方法】
・BTC
・銀行振込(要相談)
・クレカ決済 

 

報酬を受け取れるビジネス会員の3万アカウントまで残り僅かで、1口が約3,000ドルで購入できて、何口でも購入できるようです。

後々に口数を譲渡することも可能。

アフィリエイターとして口座登録を促す必要があるので、普通にネット検索すると口座開設するとメリットありますよといったものが多いのはそういうことです。

口座開設者を増やすことが自分たちの報酬が上がるアフィリエイトの仕組みになっているからです。MLMの手法で、これまで長期間に渡って運営を存続できている会社は無いので注意しなくてはいけません。

果たして、そのような手法で口座開設を煽るというのはかなり危険な感じがしますね。

 

アジアンバンクは銀行ではない!

 

アジアンバンクのデータベース情報が下記のものになります。↓ 

データベースデータベース

 

ここで注目したいのが、会社の形態が銀行ではなく『法定信託』なのです。

つまり、法廷信託』って『信託組合』なので銀行ではありません。

 

まさに日本人向けの騙しの手口ですよね。

日本人なら、銀行という言葉だけで信用できるように感じてしまいますが、実態は銀行として運営されているのではなくただの名称に過ぎません。

 

信託組合は、わずか30万円程の資金があれば誰でも作れるものなんです。

アメリカ内国法の国内法定信託は国外に口座を持つことができません。

つまり、口座開設可能なのはアメリカ国内に限定されており、そもそも日本在住では口座開設できません。

このAsianBank&CapitalTrust(アジアンバンク)では、BANKという名称がついているのであたかも銀行と考えがちですが、でも実態は銀行ではありません。

銀行ではないので、ホームページで謳われているようにカード決済や仮想通貨も運用することもできません。

この事実を隠してアジア諸国の人を完全に騙していることが、これではっきりとしました。

もはや『詐欺』としか言いようがありませんね。 

 

アジアンバンクの本店情報

 

今回のオファーの支店情報が手に入らないので、本店情報を確認してみましょう。

アメリカ政府関連の情報をが下記のものになります。↓

 

上記の BusinesAdress をよーく確認してみると

 

会社登記されている
事業体の登録住所は、

オランダの「SCHENKKADE 50, The Hague, 2595 AR, NLD」ということが判明しました。

アメリカにある銀行と思っていましたが、登記されている住所オランダって全くあり得ないですね。

ということで、会社の住所もデタラメです。

もうこれは論外でしょう。

 

更にこの住所を調べると

同住所に多くの企業などが登録されていることから

オランダの『レンタルオフィス』でした。

 

もう、完全に信用できまる会社ではありません。

今すぐにでも、参加している人は出金の作業に入るべきだと思います。

完全にアウトです。関わると痛い目に合いそうですから関わらない方が良いでしょう!

前述したように自分の口座を作れませんから、集めた資金はアジアンバンクの手中にあるということですよ。資金を集めたら逃亡する危険性が極めて高いと考えられます。

 

 

【ネットビジネス業界のトップクラスが監修】
最速で最高収益を上げるコンテンツビジネス情報を
無料で入手したい人はコチラ↓

コンテンツビジネス
最速で高額収益を目指せるコンテンツビジネスを学びたい人必見!!これから、副業で勝ち組になる為の情報が満載です。 実は、私の師匠の副業ビジネスの紹介です。 下記のリンクからライン登録をすれ...

 

 

金融庁の認可・登録情報を確認

 

日本に居住していて、
日本に拠点のない海外の銀行口座を開設し預金などを行う場合、

外国銀行代理銀行として認可を受けた銀行で手続を行う必要があります。

金融庁のホームページでは、免許・認可・登録等を受けている業者一覧の掲載があり確認できるようになっています。

この一覧表を確認しても

『ASIAN BANK & CAPITAL Trust』という名称は、
金融庁の業者一覧の中から見つけることが出来ませんでした。

ということは、銀行の認可を受けていないものになりますので手を出すのは非常に実態として怪しく危険性を感じます。

 

AsianBank&CapitalTrust アジアンバンクの口コミや評判について

口コミ

口コミや評判について調べてみましたが、

そもそもこのアジアンバンク自体がアフィリエイトで口座開設者を増やすようになっているMLM案件です。良い評判のものは基本的アフィリエイトなんで、信憑性や真実味が無い記事ばかりです。

 

AsianBank&CapitalTrust アジアンバンクの感想とまとめ

 

・調べても会社情報が出てこない。代表者や役員の名前も不明で実態が掴めない。

Statutory Trustは、法定信託という法人形態になりアメリカの内国法に縛られたUBOで、アメリカ国外の日本居住者が口座開設すると違法になる。さらにはクレジットカードや仮想通貨を取り扱う銀行としての運営が不可能でる。

・資金を集めるためにMLMを採用し単なるマネーゲームを展開している感が強い。

・口座開設を推奨しているサイトはアフィリエイターしか見当たらない。

・今後のこのアジアンバンクが将来に渡ってに手数料関連の報酬を支払い続ける確証が得られない。現時点では、これから資金を集めようとしている段階なので何とも言えないがかなり怪しい。

・会社の所在地の登記がなぜかオランダの住所であることが判明。

 

以上のことから、

信用できる要素が見当たりません。

現時点では、クローズドマーケットなので詐欺とは断定できませんが、
可能性は高いような気がしてなりません。

会社情報を確認できないというのは非常に危険だと思いませんか?

 

ビジネス会員のアフィリエイターの皆さんも騙されている可能性も否めません。

実際にビジネス会員になった人たちは、このビジネスを信じて一生懸命口座開設を促していますが、このオフショア銀行がそのものがオープンマーケットされるかが非常に怪しいですね。

仮にオープンされたとしても長期的な運用保証は何処にもありません。

現時点では、銀行自体がクローズドされているためアフィリエイターさんたちは

銀行口座を開設できないと思うのですが、 

口座開設費用として集められたお金は何処にあるのでしょうか。

勧誘を受けた人たちは、資金がどこにあるのかを勧誘者に確認してください!

 

判定結果

 

現時点では、実態は不明ですが不確定な不明な点が多すぎる案件になります。

実際に、会員になった資金がどのように保管されているのかすら解りませんので、
あまり関わらない方が良いでしょうね。

現時点での口コミ情報などを確認すると、かなりヤバイ状況のようですね。

 

アジアンバンク AsianBank &CapitalTrustの最新情報について【追記】

 

アジアンバンクに関する最新情報が入手できましたので追記させて頂きます。

デビッドカードが発行できない

 

アジアンバンクでは、商品の一つにデビッドカードの発行が可能ということで参加者を募っていますが、発行できているように見せかけているだけいう事実が判明しました。

海外で発行したデビッドカードを使用することでタックスヘイブンの恩恵を受けて税金逃れをすることがその目的ですが、この記事ないでもお伝えしたように認可を受けた銀行ではありませんから、口座すら作れるはずがありません。

また、マネーロンダリングによる脱税行為防止対策として金融機関に対する規制が厳格に行われていますから、このような脱税行為に及ぶことは認可を受けている金融機関では、異国間でのデビッドカード発行が行われることはあり得ません。

 

過去に遭ったデビッドカードの詐欺案件

 

過去にはMLMとして「サビアン」と「トレモア」という詐欺事件が2017年にありました。

内容的には、インターネット上でクレジットカードの20%もの金額がキャッシュバックを受けられるというものでしたが、当然このような美味しい話はなく、「サビアン」と「トレモア」に紐づけたクレジットカードを使用して、キャッシュバックの恩恵を受けようとしていました。

このキャッシュバックの特典を受け取るには、「サビアン」と「トレモア」のデビッドカードの発行が条件となっていましたが、その申請登録をしてもデビッドカードは手元に届かず結局は、この会社は飛んで連絡が付かなくなり消えてしまったという詐欺案件でした。

 

2021年5月26日時点でのアジアンバンクAsianBank &CapitalTrust最新情報

 

アジアンバンクのデビッドカードが手元に届いているという情報が、ごく少数の人からの口コミ情報を入手できました。

SNSの投稿では、画像付きで紹介がされていました↓

 

まあ、これがアジアンバンクに紐づけられたものであれば良いのですが、そもそもアジアンバンク自体が銀行ではなく金融庁の認可もないので、口座が作れません。

銀行口座が作れなければ、デビッドカードも当然ですが発行されません。

ABCTは暗号資産での預金が可能であるとか、税金がかからないといったSNSの投稿がちょこちょこ見受けられますが、全てMLMでの報酬目当てですから、口座開設費30万円を詐取されるだけですよ。

この銀行の口座を調べてみると、

銀行のカードにはBINコードというものが割り振られていてどこの銀行が発行したものかが分るようになっています。

 

私自身は、アジアンバンクの口座を持っていませんので、情報収集していると

アジアンバンクのBINコードは「428471」ということが解りました。

これをネットで検索してみたところ、

 

アジアンバンク

 

JOINT DEVELOPMENT BANKということでラオスのJDB銀行と紐づけられたカードということになります。

つまり、会社拠点であるはずのアメリカで発行されたものでは無く、認可が取得できていないので当然カード発行が不可能ですから、他国のJDB銀行で口座開設したものをアジアンバンクで発行したカードと見せかけたものだということが解りましたね。

これで、全てわかったかと思うのですが、あの手この手を使って、皆さんを信用させて口座開設をさせようと企んでいます。

 

アフィリエイターも解って参加者を募っているかどうかは解りませんが、アジアンバンクには関わらない方が良いということです。

 

アジアンバンクのデビッドカードCARD発行の真実とは?

 

アジアンバンクのデビッドカードではなく、ある情報によると香港で作成されたプリペイドカードをデビッドカードと称して発行されたように見せているということが判明しました。

デビッドカードは、入金している預金口座から引き落とされるシステムですが、一方でプリペイドカードあらかじめ前払いして購入した金額分がカードに貯めることができ、その金額の範囲でプリペイドカードを使用できるようになるというものです。

 

どちらも、入金を済ませておかなければカードが使用できませんから、使う側にとっては、どのような決済システムなのか知らなくても使用方法に大差がないので解りません。

でも、これは明らかに詐欺ですよね。

 

このアジアンバンクは、基本的にMLMですから、おそらく今後も加入活動が続くものと予想されますが、この記事を読んで頂いて未然に詐欺の被害から救えたらと思っています。

ここまで、読んで頂いて有難うございました。

 

投資でも間違った情報を手にすると非常に危険ですよね。

優秀と言われているFXの自動売買システムでも、コロナ相場と言われた去年から今年にかけては相場が大きく荒れて、資金を溶かしてしまうEAが目立ちました

そんななかでも、稼げる利益はそれほど高くはないですが、

安定してコツコツと勝てているEAを探している人はコチラをお勧めします。

↓↓↓

神龍 FX自動売買ツール EA
「神龍」FX自動売買システムは本当に稼げるEAなのか?販売開始から負けなしというのは事実? 今日は、「神龍」というFX自動売買システム(EA)が稼げるという噂を聞きつけました。 コロナ相場で資金を溶...

 

 

【朗報】これから本格的な手法と情報でネットビジネスに取り組みたいあなたへ ”無料プレゼントします”

 

新時代のアフィリエイト戦略

 

巷では詐欺まがいの副業案件や、再現性のないビジネス手法が多く存在しますが、本当に初心者さんがきちんと収益化できる手法や情報は限られています。

その中でも、サラリーマンが顔出しすることなく会社にバレずにこっそりと実践でき、わずか半年の期間で100万円以上を稼ぎ出すシステムを作る戦略と手法を今回公開することに決めました。

仕事と併用しながらでも、ネットビジネスに挑戦したことがない人でも、私がサラリーマンをしながらでも、無理なくノーリスクで取り組めるように、約15000文字以上で構成された有料級の情報コンテンツをこのブログ読者だけが手にすることができる特典を”無料プレゼント“します。

これから副業で顔出しせずに取り組みたいと考えているネットビジネス初心者のサラリーマンの方でも、半年で月収100万円の収益を自動化で構築できる戦略的なアフィリエイト手法を公開してますので、是非参考にしてみてください。

特典内容を一部抜粋すると、

・ブログを立ち上げる方法
・SEOに高評価が貰えるドメイン名の付け方
・収益を上げるための新時代のアフィリエイト戦略とは
・記事作成のポイント3つをおさえるだけで収益を爆上げする方法
・記事の役割とその構成方法について
・○○を追加するだけで成約率を高められる裏技
・成約率を爆上げする記事の作り方
・見込み客に○○をすることで、ブログの信頼性を高めて商品成約へ誘導する方法
・記事の作成に欠かせないコピーライティングの型を伝授
(これをパズルのように当てはめていくだけで商品が売れる文章が書けるようになります)
・本当に商品を買いたいと思っている人だけを呼び込むキーワード戦略
・少ない記事数でもSEO対策で上位表示させる方法

、、、などなど。

この手法により、サラリーマンが働きながらでも、たとえ少ない記事数でも収益を上げて最小の労力で自動的に約半年で100万円を目指せるようコンテンツを組んでます。

少ない労力で大きな収益を上げることをコンセプトとし、労働型の稼ぎ方を脱却した戦略を公開してますので、教科書代わりに手にとってみてください^^

 

ライン@に登録して特典を入手する

↓↓↓

 

 

実際のところアフィリエイトで稼ぐには、そう簡単なことではありません。

稼げる市場には、既にプロとして本業でしているアフィリエイターなどのプロ集団と立ち向かっていかねばならないからです。

無料で仕入れられる情報として小手先だけのテクニックだけをかじったぐらいでは、お話になりません。

武器もなしに戦いに行っても戦士にすらなっていないあなたには到底勝てる見込みはないからです。

こうした背景を視野に入れ、弱者でも十分に戦っていける市場と、ライバルでは知り得ない武器や情報を駆使し、私が実際に結果として証明してきた内容を可能な限り詰めました。

早く収益化の「仕組み」をいち早く完成させ、家族にも好きなものを買ってあげられるようになり、好きな高級車、マイホーム、海外旅行など、リッチなスローライフを実現させていただきたいと思います。

それではやる気のあるあなたのご登録をお待ちしております!

 

新時代のアフィリエイト戦略

 

ライン@に登録して”無料特典”を入手する

↓↓↓