【EX-EA】の設置に関する導入マニュアル

 

テルちん
テルちん
こんにちは、テルちんです。

 

この記事では、私が運用しているEAの稼働させるまでの全体像の流れと詳細について具体的に解説していきます。

それでは、早速全体像からみていきましょう!

 

『EX-EA』設置に関する全体像について

【ステップ1】XMの口座開設

【ステップ2】XM口座の有効化

【ステップ3】開発者直通の専用フォームからEAを請求

【ステップ4】XM口座への証拠金のご入金

【ステップ5】EAファイルとMT4ファイルのダウンロード

【ステップ6】VPS(仮想デスクトップ)の契約

【ステップ7】VPS(仮想デスクトップ)または自分のパソコンにMT4をインストール

【ステップ8】インストールしたMT4にEAを設定(※代行可能)

 

 

上記のような流れで、全体として7つのステップにてEAの運用が可能となりますが、手順が多いと思われるでしょうが、実質の作業としては30分程度で完了致しますので、マニュアル通り進めていけば問題ありません。

 

FXの無料EA【EX-EA】の入手方法から稼働までの流れについて、注意点などを含めて解説していきます。

それでは、具体的な解説に移っていきますが、基本的には以下の流れに沿って登録作業や設定をして頂ければと思います。

 

【ステップ1】口座開設について(XM口座)

 

まずは、下記のXM口座開設の方法(新規口座・追加口座)のリンクから海外FX口座のXM口座を開設をお願いします。

ここで、リンクを経由せずに口座登録をしてもEAと紐づけることができなくなります。

ご案内するリンクを経由して開設して頂いたXM口座でしか無料EAがご利用できません。

これを行なわないと、あなただけに特別に無料で配布するEAを販売したり、誰もが使用できるようになってしまうというような悪用を防止するためでもあります。

・XM口座の開設方法(新規口座・追加口座)については必ず次のリンクからお願いします⇒https://moneytopics-truth.com/ea-kaisetsu1

 

※1、上記記事内に記載しているリンクからXM口座を登録して下さい。
※2、上記の記事以外でのブログやサイトからXM口座を開設されたとしても『EX-EA』を利用することができませんのでご注意ください。

 

【ステップ2】XM口座有効化について

 

新規にXM口座を開設した場合ですが、その開設した口座を有効化させないとトレードすることができません。

※追加口座の場合は、有効化の必要はありません

このXM口座の有効化させるための手順に関しては、下記の記事にて詳細を解りやすく解説していますので、ご確認ください。
(※作業時間の目安としては1~2分程度)

https://moneytopics-truth.com/ea-kaisetsu2

 

【ステップ3】EX開発者の専用フォームよりEXの請求

 

上述しました【ステップ1及びステップ2】の設定として

・【ステップ1】XM口座の開設
・【ステップ2】XM口座の有効化

が完了しましたら、以下のフォームから必要情報を入力して送信してください。

開発者直通~EX申請フォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/c7f25f15151021

 

【ステップ1 】のXM口座開設記事内のリンク経由によって口座開設ができていれば、EA開発者の運営元から

「EX-EAを配布します」

という件名のメールがあなたが登録したメール宛に下記の内容のものが届きますのでご確認ください。

・EX-EAファイル
・EX-EA設置までのご案内
・直通LINE@へのご案内

 

もし、【ステップ1】のXM口座開設記事内のリンクからのXM口座開設が確認できなかった際は、「EX-EAを配布します」というメールは届きません。

その場合は、確認ができなかった旨の連絡がEA開発者の方からあります。

 

EA開発者から「EX-EAを配布します」というメールが届くまでは、XM口座に入金することを控えてください。

確認できていない一旦入金してしまうと、「資金の移動」などの作業が発生することになります。

 

ちなみに、EA開発者の運営元から、XMの口座開設が確認できない旨の報告があった場合には、【ステップ1】の手順に戻って追加口座を開設する事で対処可能です。(※追加口座の開設は新規よりも簡単な作業で済みます)

●追加の口座を開設する方法
https://moneytopics-truth.com/ea-kaisetsu1

 

※)尚、EA開発者の運営元から配布される「EX-EA設置案内」は図解が無くテキストのみの表現で分かり辛いと思います。設置方法に関してはステップ5以降で紹介していますので、図を用いて詳しく解説していますのでご参照してください。

 

【ステップ4】:XM口座への証拠金のご入金

 

EA開発者の運営元から『EX-EAファイル』の送付がありましたら、
まずはあなたのXM口座に入金を行って自動売買トレードが実際に運用できるようにします。
(※入金したからといって「証拠金を自由に引き出せない」というようなことは、絶対にありませんので安心してください)

尚、入金と出金に関する手順方法も詳しく図解入りで解説していますので参考にしてください。

・XM口座への入出金方法はコチラから
https://moneytopics-truth.com/ea-kaisetsu3

 

【ステップ5】EX-EAファイル(EX-EAv3)と、MT4ファイルのダウンロード

 

ここからは、XM口座での入金が完了して実際にFX自動売買の取引トレードを始める為の準備作業になります。

まずEX-EAファイルに添付されたEA(EX-EAv3)と、MT4ファイルをダウンロードしていく作業となります。実際に行なう詳細の手順に関しては、下記のリンクに詳しい図解説の記事がありますのでご覧になってください。

無料EAの【EX-EA】とMT4のダウンロードの手順について
https://moneytopics-truth.com/ea-kaisetsu4

 

【ステップ6】:VPS(仮想デスクトップ)の契約【※任意】

 

ここで紹介する項目は必須ではありませんが、

「FX自動売買を最適な環境で運用していきたいとお考えの方」

は目を通しておいてください。

「EX-EA」に限った事ではありませんが、自動売買ツールのEAでは取引・決済がどのタイミングで行われるか解らないので、市場が動いている平日では24時間稼働し続ける必要があります。

自宅で使用するパソコンで取引をしていると、Windowsのアップデートなどによる再起動によって急に電源が落ちたり、停電等でインターネットの回線が途切れたりするなど不安定な状態に陥ると自動取引が適切に行われない事態に見舞われるケースがあり、予期せぬ損失を被る危険性が起こることが想定されます。

このような不測の事態に対処するために利用するのものとして有効なものが「仮想デスクトップ(VPS = Virtual Private Server)」になります。

仮想デスクトップというのは、インターネット上で常時安定して稼働してくれるパソコンのイメージとなります。

自宅のパソコンを24時間中起動しておく必要もなく、停電によって電源が切れることもないので、常に安定した状態でトレードをすることができるためトラブルの発生はほぼ皆無に等しいと言えます。

そのため、通常FXのEAを稼働させているほとんどの方は仮想デスクトップ上で稼動させています。

「EX-EA」も例外ではなく安定した動作環境が必要なので、極力、仮想デスクトップ(VPS)のご利用した環境で運用することを推奨しています。

仮想デスクトップ会社も複数ありますが、推奨する会社やプラン、各登録方法などについて
詳細な図解説を用いた記事を参照してみてください。

・仮想デスクトップ(VPS)の契約手順について
https://moneytopics-truth.com/ea-tejunkaisetsu5

 

(※「EX-EAを自宅のPCで運用される方」はそのまま【ステップ7】へ進んでください。)

 

ステップ7:VPS(仮想デスクトップ)orご自身のパソコンに「MT4」をインストール

 

次に、EX-EAを動かす為には、MT4ファイルを

・仮想デスクトップ(VPS)
・自宅のパソコン

のどちらかにインストールする必要があります。

つまりMT4と呼ばれるFXでの取引を行うシステムの中に(EX-EA)を組み込んで自動売買システムを構築していくわけですが、その大元となる『MT4』を設置していく段階となります。

特に難しいことはありませんので安心してください。

そのインストールを行う詳しい手順に関しては、以下の図解説の記事を参照してください。

【仮想デスクトップ(VPS)で「EA-EA」を稼働する場合】

・仮想デスクトップ(VPS)の起動手順について
https://moneytopics-truth.com/ex-ea-kaisetsu6

 

・仮想デスクトップ(VPS)へのMT4インストール方法
https://moneytopics-truth.com/ex-ea-tejunkaisetsu7

 

【「自宅パソコンで「EA-EA」を稼働する場合】

・自宅PCへのMT4インストール方法
https://moneytopics-truth.com/ex-ea-kaisetsu8

 

【ステップ8】:VPS(仮想デスクトップ)orご自身のパソコンにインストールしたMT4に「EX-EA」を設定(※代行可能)

 

いよいよ最終段階です!

これさえ終われば自動売買トレードのスタートです。
(※設定代行については以下でも案内しています)

【ステップ7】で、EX-EAを動かす為のMT4ファイルを

・仮想デスクトップ(VPS)
・自宅PC

のいずれかにインストールした上で、【ステップ5】で開発者から送られてきたEX-EAファイル(EX-EAv3)をMT4に設定していきます。

その詳しい手順については、
以下の記事で詳細に関しては図解入りで解説していますので参照してください。

・MT4への「EX-EA」設定方法
https://moneytopics-truth.com/ex-ea-tejunkaisetsu9

 

尚、こちらの「EX-EA」の設置については、

・仮想デスクトップ(VPS)
・自宅のパソコン

のどちらの場合でもEA開発者の運営元の方で代行してくれますので、どうしても自分で設置ができないという方は申し出てください(2000円の手数料が掛かります)。

代行してもらいたいという方は、EA開発者の運営元へメール又はLINEにてお問い合わせSするようにしてください。

※※【注意点】※※

尚、

1、運用の初期では自宅パソコンにて「EX-EA」を稼働する
2、将来的に仮想デスクトップ(VPS)への移行を検討

上記のようなトレード運用を検討されている場合、自宅のパソコンにて「EX-EA」を稼働させながら同時にVPSの方にも設置してしまうと、2つ同時に稼働してしまうという状態になるため、

・自宅パソコンとVPSに設置した際にエントリーしてしまうと、エントリーの重複が発生する恐れがある

・逆に決済の場合、適切に切替えができないと永久にトレード決済されない、というような事態も発生する可能性がある

以上の点から、VPSへの切替えを行う場合はFXの市場相場が動いている平日は避けて、相場が動いていない土日のタイミングで設定をして頂く方法が最も安全となります。

上述を踏まえると、運用当初から長期的な視点で考えて

・仮想デスクトップ(VPS)
・自宅パソコン

どちらか一方にトレード手法を決めたうえで『EX-EA』を設置し稼働させていく方が一番確実ということになります。

 

『EX-EA』の稼働方法に関するご案内は以上となります。

 

冒頭でお伝えしましたが、全体像を見ると一見複雑でややこしいように感じるかもしれませんが、解説とおりに手順をこなして設定をしていけば、これまでFXの自動売買でのトレードをしたことがない全くの初心者でも設定が可能です。

しかも、この設定は一回限りです。

後は基本的に放置での運用ができますが、『EX-EA』の設置においてはどうしても設置できない方のために運営側による代行も可能です。

面倒に感じる方は、【ステップ1~7】までを終わらせれば設定代行の依頼をしてください。

また、ご不明点などがありましたら、開発者の運営元に直通LINE@から連絡をしてください。

今回のご案内は以上となります。