仮想通貨

PGAシステム(プランスゴールドアービトラージ)仮想通貨は稼げるのか?MLMも展開されているが詐欺ではなく大丈夫?評判や口コミ情報は?

今日は、『 PGA システム ( プランスゴールドアービトラージ )』をご紹介。

 こんにちは、Terizzerです。

NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」の不正預金引き出し問題で、

確認された被害が10銀行にも及び件数でいうと34件で金額が合計で約1千万円に上るようです。

非常に怖い事件ですね。これなら電子マネーよりも現金の方が良いかもしれませんね。

 

さて本題に戻りましょう。

このサイトでは、ネット上の情報商材の検証を行っていますが、

出回っている情報商材の多くが稼げない偽物の悪徳な詐欺まがいのものがほとんどです。

今日は、投資案件で『 PGA システム(プランスゴールドアービトラージ)』という投資案件を見つけてきました。

月利で20%の利益が得られMLMも展開しポンジスキームの疑いもあるというものですが、果たして本当に利益を生み出すことが出来るのでしょうか?

検証してみたいと思います。

 

PGA ( プランスゴールドアービトラージ )|Prance Gold Holdings Limitedのについての検証!

 

プランスゴールドアービトラージ PGAプランスゴールドアービトラージ PGA

出典:https://net-24h.com/%e4%bb%ae%e6%83%b3%e9%80%9a%e8%b2%a8/9293/

 

PGA( プランスゴールドアービトラージ )|Prance Gold Holdings Limitedの概要について

会社概要

 

【法人名】Prance Gold Holdings Limited

【代表取締役】Andre Gerald

【住所】スイート201 2階、エデンプラザ、エデン島、マヘ、セイシェル

【電話番号】+248 256 0000

【トレーダー/スタッフ】合計66名

【資本金】$50,000,000 – (約55億円)

▼▼特商法に関しての詳細はコチラ▼▼

特商法とは

 

商品の内容について

仮想通貨のアービトラージ投資案件として、2020年5月23日にグランドオープンしたものです。

アービトラージに参加している人には優待枠として8月31日まで参加可能。

コモディティに5倍のレバレッジで参加できるようになっていました。

すでに現時点では8月30日に完売したので参加が出来ません。再度のオファーで9月15日までなら、コモディティに3倍のレバレッジで参加できるようになっているようです。

 

 

コモディティ(Commodity)とは?

一般的に商品のことを指します。コモディティ投資とは、商品先物市場で取引されている貴金属の金、プラチナ、更にはエネルギー資源である石油系の原油やガソリン、穀物類の大豆、小麦、などの商品(コモディティ)に投資すること指します。

 

 

一般的なアービトラージでは、複数の取引所を経由する中で生まれる価格差が発生するので、その差額で利益を出すことができるものですが、送金に時間を要するために、必ずしも利益を得られるものでもないのです。

そこで、このプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)では、三角アービトラージというシステムという独自の投資手法で利益を生み出すもののようです。

 

この三角アービトラージでは、同取引所で異なる通貨に交換を行う手法になります。

これであれば送金時間がかかることが無いので両替の差額分の利益が約定予定価格で得られるということになります。

なので、厳密にいうと従来の手法のアービトラージとは運用方法が違います。

このシステムを稼働できるのは最大で1日3回の運用が行われ、エントリータイミングが細かく時間指定されています。

このシステムでは、その作業を自動で行われるようになっています。

オート運用が可能なので放置していても大丈夫ということですね。

また、複利運用も可能になっているようです。

 

PGAシステムでは最低運用金額が決まっています。

運用する資金によって取得できる利益が違います。

 

運用プラン

・1000~4999ドル=利益3倍まで
・5000~9999ドル=利益4倍まで
・10000ドル以上=利益5倍まで

 

ということで、利益を5倍得るためには、投資金額が約100万円以上あれば可能ということになります。

しかしながら、投資金額の全額が運用資金にはなりません。

資金元金の80%が運用資金として動かせるものになっているようです。

 

同一取引所でアービトラージできる会社は世界に2社

 

アービトラージする会社は世界に2社しかありません。

このシステムのプランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)のように、同じ取引所内でアービトラージが可能なのは、もう1社の「JUBILEE ACE」だけです。

 

 

・「JUBILEE ACE」では、BINANCEしか利用できず運用資金に制限がある。

・プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)では、BINANCE・Huobi・BITFINEXの3社の取引所が使用でき運用資金を多く回せる。

 ということで、これだけ見るとJUBILEE ACEよりも「プランスゴールドアービトラージ(Prance Gold Arbitrage)」の方が、メリットが見受けられますね。

 

 

紹介報酬制度

上記のようにボーナスの受け取りが直接紹介数が6名になると25段階までボーナスが受け取れる仕組みになっています。

ということで、アフィリエイト報酬が得られる仕組みが構築されているという訳です。

 

更に、入金額が多いほど報酬の割合がアップする仕組みで利益に対する0.4%~24%のボーナスが毎日、入るようになっています。

 

PGA( プランスゴールドアービトラージ )の評判

PGA( プランスゴールドアービトラージ )の評判などを確認していると、アフィリエイトで稼げる仕組みが出来ているので、結構信用出来て稼げますよというものが多かったですが、少し怪しい点を発見しました。

 

アフィリエイターの記事によると開発会社のセーシェルは資本金が55億円で登記されているので、倒産する心配がありませんという記載されているものがありました。

 

資本金も膨大にあり一見安心できる企業と思えるのですが、実は資本金が55億円あるとは限らないということです。

 

その理由ですが、

このPGAの運営会社はイギリス領のセーシェル共和国で、法人登記は下記の手続きで可能になっていることが解りました。

 

 

引用サイト:http://escosul.com/corporation/seychelles-company.html

 

上記を確認すると、通常は1,000USDで、100,000USDまでの資本金が通常の政府納付金(約2万円)の範囲内で可能です。

 

「ただしこの資本金はノミニーキャピタル(名目上の資本金)ですので、実際にこの金額を用意する必要はありません。書類の上で届け出るだけです。」

ということになっています。

 

なので、55億円の資本金は届け出だけの可能性が非常に高いと考えられます。

 

また、法人登記に関しても非常に簡単な手続きでできることも判明しました。

 

身分証明書類:パスポートの写し

住所の証明書類:下記のいづれか1つ。
免許証の写し、公共料金の請求書、残高、クレジットカードの請求書(直近3カ月以内の有効なもの)
※英文の住所をお知らせ頂きます。

 

 

投資リスクに関して

運営会社プランスゴールドホールディングスは、2019年に設立された企業です。

  
 更に今回のオファーであるPGAシステムに関しては2020年5月からの稼働になっています。
 
 
この会社が月利20%を稼ぎ続けたといった実績がこの会社にはないということです。
 
  
また、運用に関しては、取引手数料が相当かかりますので、運用時間7時間でどれだけの取引がされるのかは不明ですが、月利で20%という配当金額を払える利益が得られるかどうかは、非常に疑問ですね。

 

プランスゴールド(PGA)の金融庁に登録されているかどうかを確認しても、私の見落としかもわかりませんが、登録データを確認することが出来ませんでした。

 

ポンジスキームの可能性もあり、出資金が大量に集まると消える可能性もリスクとして考えられますので検討されている場合はリスクを踏まえたうえで参加するかどうかを決めた方が良いと思います。

 

【ポンジスキームとは】

出資を募ってその運用利益を配当金として支払うということで資金を徴収。

実際のところは、新たな出資者から得られた資金を出資金の配当額として支払って、

当初から計画的に破綻することを前提にお金を騙し取るといった手口。

 

 

PGA( プランスゴールドアービトラージ )の感想とまとめ

 

・投資では、月利20%と非常に高配当で、MLM方式で新規加入者を募っている点からしても、運用を続けていくのは非常に困難で、ポンジスキームの可能性がある。

・開発業者の資本金に関しての50億円というのは、デタラメで信用させるように仕向けられている可能性が非常に高い。

・海外の会社であるため、上述のようにポンジスキームであった場合に、損失があったとしても回収することが非常に困難である。

・会社設立が最近で、PGAシステムに関しては2020年5月からの稼働になっていることから、現時点では実績と信用がない状態。

 

以上のことから、

絶対に信用できる案件とは言えないので、私なら手を出しません。

 

かなり、継続しての運営が厳しいように思いますので、非常にリスクが伴う案件と判断しますね。

詐欺かどうかは、現時点では不明ですが、時間の経過とともに真実が見えてくるでしょうから、引き続き情報収集を続けていこうと思います。

新たな事実が解り次第、掲載していくようにします。