仮想通貨

GTR(Globalytics Tech Research)は投資詐欺?出金停止になったジュビリーグループのポンジスキーム!

 

テルちん
テルちん
こんにちは、テルちんです。

 

今日は、以前から出金停止となったジェンコがポンジスキームで破綻し、その後発としてジュビリーグループからの投資案件として新たにリリースされました『GTR(Globalytics Tech Research)(グローバリティクステックリサーチ)』の最新情報をお届けします。

これまで、ジェンコ(JENCO)の時から
注意喚起をし読者の皆様から、
「ポンジスキーム案件」ということを
お伝えして
被害を免れて良かったというお声を頂戴しました。

 

遂に、この『GTR(Globalytics Tech Research)(グローバリティクステックリサーチ)』の主催者の7名が逮捕されましたね。

玉井暁容疑者に関する記事はこちら
ジュビリーエース、ジェンコの出金方法も解説しています↓

JUBILEE ACE
ジュビリーエースはやっぱり詐欺だった!7人の容疑者逮捕に!返金・出金方法とは? 当ブログでも再三注意喚起していたマルチ商法のポンジスキーム案件として紹介していたジュビリーエース・ジェンコ・GTRの暗号通貨(仮...

 

【最新情報】GTR Globalytics Tech Research(グローバルテックリサーチ)に警視庁のメスが入る!ついに強制捜査が執行されるのか

 

追記記事を作成しました。

10月13日に発表されたヤフーニュースを確認すると、

被害相談を受けた警視庁が、聞き取り調査の結果ようやく操作に乗り出したようです。

これまで、ジュピリーエースとジェンコと続いて計画破綻と出金停止を繰り返した第三弾の「通称GTR:Globalytics Tech Researchグローバリティクス・テック・リサーチ」ですが、総額で15億円の被害額とみられています。

セミナーなどで参加を募っていた50代の男性の関係先を家宅捜索や、勧誘に関わった各関係者から事情聴取を任意捜査を着手したようです。

これまでは、

ジュピリーエース⇒ジェンコ⇒GTR

資金移動させることでなんとかしのいでいましたが、
被害者の方もついに現状の深刻さから
警察を動かすことができるようになったようです。

 

GTRGlobalytics Tech Research(グローバルテックリサーチ)がついに出金停止に?

 

私は、これまでにジェンコの出金停止からこのGTR(Globalytics Tech Research(グローバルテックリサーチ)に乗り換えることで資金が移動できる仕組みなっていたことから分るように、GTRでも同じように出金停止がされることを伝えてきました。

このような高配当を謳うハイプ案件は初めから計画破綻を前提に運用されていましたので、出金停止されることはむしろ当たり前です。

GTRの運営会社:Globalytics Research System Enterprise社はイギリスの金融ライセンスを取得するために出金を停止する旨の発表を8月に行なっていました。

現在では、この運営会社との連絡が途絶えていることから捜査も難航することが予想されます。

現時点では出金ができる可能性はゼロではないので、今後の警察の動向や会社からの正式な発表を待つしかありません。

もしかするとジェンコと同様に少額の出金ができるようになる可能性もありますから、今後の最新情報など動向を注視していく必要がありますね。

当ブログでも情報が入り次第、お伝えしてきます。

以上が、追記記事の内容となります。

 

GTRの前身であるジェンコ(JENCO)に関する記事はコチラです↓

ジェンコ
JENCO ( ジェンコ )|ジュビリーエース(Jubilee Ace Limited)は怪しい?MLMで勧誘するポンジスキームか?『 JENCO ( ジェンコ )| ジュビリーエース 』は投資案件でAIのオート機能でアービトラージにより安定した利益を得られるというものです。現在は出金が出来ない状況で、運営会社ジュビリーエースが飛んでしまうという噂もあり果たして真相はどうなのでしょうか。ズバリ検証していきます。...
ジェンコ
JENCO ( ジェンコ )からアクアウォレットへ紐づけと出金する方法!現在の状況は?今日は、『 JENCO ( ジェンコ )| ジュビリーエース (Jubilee Ace Limited)』に関する 最新情報 が入手できましたので解説していきます。度重なる出金停止が今後どのように展開されていくでしょうか。いよいよジュビリーエースは飛ぶ準備開始か?...

 

GTR 「 Globalytics Tech Research 」の概要について

 

商品の特徴について

 

GTR「Globalytics Tech Research」は、ジュビリーグループが過去にオファーしていた「ジュビリーエース」・「JENCO」に次ぐ第三弾のハイプ案件の投資企画として公開されたものです。

GTRは、SaaSを導入したサービスで「STARシステム」取り入れて運用される仕組み。

 

この「STARシステム」では、単に報酬を受け取る以外にも

1「STAR LIFE」取引システム・ソフトウェア
2「STAR MAX」取引アプリ
3「STAR DATA」取引データプラットフォーム

 

というようなサービスを利用することが可能になっています。

おそらく、この記事をご覧の皆様は、GTRの仕組みよりも本当に稼げるのか?ジュビリーエースやジェンコと違って安心して投資できるものかどうかを知りたいと思ってらっしゃるでしょう。

基本的な仕組みや内容に関しては従来のアービトラージを採用したとされるジュビリーエース・ジェンコと大差がありませんので、ここでは詳細の説明は割愛させて頂きますね。

 

HYIP ( ハイプ ) ポンジスキーム
ハイプ(HYIP)、ポンジスキームとは?そんな疑問を解説しています! 2017年頃から、暗号通貨の詐欺案件として、「HYIP (ハイプ) 」「 ポンジスキーム 」の案件が非常に多く出...

 

GTR「Globalytics Tech Research」が飛ぶ可能性について

 

過去のジュビリーグループの手法を考えると、今回リリースされたGTR「Globalytics Tech Research」に関しても飛ぶ可能性が非常に高いと考えられます。

そもそも高配当を謳ったハイプ(HYIP)案件は、実際の運用としては新規顧客を呼び込んで資金調達を図り、それを配当に回して顧客を信じ込ませることで、運用しているにすぎません。

もし、運営会社ジュビリーグループがまともな運用を続けられる組織であれば、過去の出金停止を行うはずがありませんからね。

過去の記事を読んで頂ければ解りますが、突然の出金停止と、そののちに出された出金可能額が1%程度というオーダーで手数料を考えたら、出金できないようにされているのと同じです。

そのような会社を信用できるはずがないですよね。

飛ぶかどうかは、定かではないですが、いずれかの時点でこの案件も強制的に運営側の裁量で出金停止になることは、ほぼ確実だと思われます。

参加するかどうかは、あなたの自由ですがそのリスクがあることを踏まえたうえで運用されるべきです!

 

HYIP ( ハイプ ) ポンジスキーム
ハイプ(HYIP)、ポンジスキームとは?そんな疑問を解説しています! 2017年頃から、暗号通貨の詐欺案件として、「HYIP (ハイプ) 」「 ポンジスキーム 」の案件が非常に多く出...

 

GTRの特定商取引法(特商法)について

 

残念ながら、特商法の表記を確認することは出来ませんでした。

ちなみにこのジュビリーグループの過去案件「ジュビリーエース」「ジェンコ(JENCO)」でも特商法は確認することは出来ませんでした。

金融商品取引法違反(無登録営業)の届けはおそらく提出はされていないものと考えられますね。

元運営会社のジュビリーグループについて

 

会社

 

この運営会社ジュビリーエースの会社の所在地ですが、

ジュビリーエース所在地ですが、
:Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands

この住所を確認してみると、英国領ヴァージン諸島にあるということが判りました。

ここで注目して頂きたいのですが、赤字の部分P.O.Box 116です。

これが意味するのは、郵便局の私書箱だということです。

 

そうです。あの郵便で使用される私書箱です。

これだけでも、会社の所在地を明らかに隠していることが解りますから、まともな会社ではないということが解りますよね。

 

 

【ネットビジネス業界のトップクラスが監修】
最速で最高収益を上げるコンテンツビジネス情報を
無料で入手したい人はコチラ↓

コンテンツビジネス
最速で高額収益を目指せるコンテンツビジネスを学びたい人必見!!これから、副業で勝ち組になる為の情報が満載です。 実は、私の師匠の副業ビジネスの紹介です。 下記のリンクからライン登録をすれ...

 

 

金融商品取引業者の登録されていない会社で危険

 

金融商品取引業者の登録も確認することができませんでした。

 

・会社の実態が不明

・金融商品取引業者の登録リストに記載なし

 

まともな会社じゃないことは、明らかですね。

現在話題になっているのは、これに元々参加していたメンバーが紹介しているだけで、新規での参加者を募り、自転車操業で資金を調達しているだけです。

 

GTR「Globalytics Tech Research」の会社概要

 

GTR会社概要

 

GTR「Globalytics Tech Research」のホームページ上から会社概要を確認したところ、住所程度の情報しか手にすることができませんでした。

 

GTRホームページ

 

会社所在地:30, Peel House, Suite 28 The Downs Altrincham Cheshire United Kingdom WA14 2PX

この会社所在地を確認すると、別の会社名が表示されました↓

 

GTR会社

 

「EBS CONSULTORES LLP」という会社名の表示なっていますね。

しかも会社のカテゴリーとして、
有限責任パートナーシップだということが判明しました。

そのうえ設立年月日を確認すると、2020年10月27日です。

おおよそ、会社が設立されてから半年ちょっとですね。

過去のジェンコから、会社の所在地が変更されていますが、従来の郵便局の私書箱では私たちのような情報商材の検証屋の記事を見てアフィリエイター経由で上層部に情報が伝わったのものと考えられます。

 

英国の有限責任パートナーシップ(LLP)とは

 

LLPというのは、会社や法人格を有したものでは無く単なる有限責任会社(LLC)とのパートナーシップの組み合わせである有限責任パートナーシップです。

2人のメンバーがいれば、英国LLPを形成できるうえ、税金や所得税も免除。

登録はGBP 32の費用で可能となっていて、英国のLLPの登録に関しては、事務所の住所のみでできるようになっています。

 

ということで、GTR「Globalytics Tech Research」の運営会社は存在しないということです。

 

GTR「Globalytics Tech Research」の運営会社は存在しない

 

GTR「Globalytics Tech Research」の運営会社は存在しないということは、会社としての登記ができていませんからFX取引で絶対に必要となる「金融商品取引業」の届け出がなされていないということになります。

つまり無許可でFX投資の運用してGTRは運営されてということです。

ジェンコやジュビリーエースと全く実態が無い架空会社で運用されている極めて危険な案件だということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

超危険案件です!

 

GTR「Globalytics Tech Research」の口コミや評判について

 

 

GTR「Globalytics Tech Research」の口コミや評判について確認しますと、やはり過去の案件の経緯があるので、ポンジスキームの疑いや「飛ぶ」「破綻」というような可能性を示唆する記事が多く見られました。

 

先日、私宛に知人から勧誘を受けましたということで相談依頼がありました↓

聞きたいことなのですが、つい先日GTRの勧誘を受けたのですが、受けた際にポンジスキームでない証拠としてmyfxbookのトレード履歴を見せられたのですが、それでも信用ならないものですか?

実は大切な人から勧誘を受けてて、断るつもりではいるんですけど、それと同時にその人をなんとかやめさせたいんですよ。その人は前のやつからやってたみたいで就職も辞めて今のGTRをやってるので多分やめようにもやめれなくなってると思うんですよ。

 

 

大切な人なので、これ以上犠牲者を出さないようにあなたの方から説得されてみてはどうですか?

という提案をさせて頂きました。

本人も悪いと思いながらも勧誘をしないといけない状況に追い込まれているのでしょう。

 

別案件でも問い合わせがありました↓

そこで以下の3つ、質問させていただいてもよろしいでしょうか?

1.ジュビリーエースやジェンコはサービス開始から出金停止までどれくらいの期間があったか
2.GTRのサービス開始時期はいつ頃か
3.日頃お世話になっている方からの儲け話(たぶん絶対損するやつ)を断る方法

※無料相談とのことなので、分かる範囲で結構です。
お忙しい中大変恐縮です。

テルちんさんの記事がなかったら、死ぬ気で働いた金ブッこんで全ロストの人生でした・・・
自分の浅はかさに気づくことが出来ました。
仮想通貨詐欺なんて学生と高齢者とバカが引っかかるやつで、自分だけは頭いいと思ってました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

このような内容でしたが、結構信頼できる方からの紹介だったのですが、気になって調べたところ私のブログに行きついたようです。

 

怪しい投資に誘われたときの断り方について

 

これまでも、身近な知り合いの方から声が掛かっていて、断り方を教えて下さいとのお問合わせが多かったので、断り方を紹介しておきますので参考にしてください。

・FX取引では「金融商品取引業」が必要ですが、私が調べる限りでは届出の確認ができませんでした。もし届け出がされているのであれば、その証拠を見せて下さい。

・運営会社の所在地と運営会社名を教えて欲しい。

会社:「GROBALYTICS TECH RESERCH」

所在地をネット検索すれば「EBS CONSULTORES LLP」と出てきますので、所在地から検索しても「GROBALYTICS TECH RESERCH」という名称が出てきませんから、おかしいですねと言えます。

・GTRでの出金の方法を教えてください。その場でいくらか出金をして貰って、仮にできたとしても、ややこしすぎるので自分には出来そうもないと断る。これが一番良いかもしれませんね。

・このGTRというのはジュビリーエースやジェンコなどの過去に出金停止になった案件の第三弾のオファーになるので信用できない。

 

上記のものは、GTR「GROBALYTICS TECH RESERCH」の断り方ですが、他の投資案件でも「金融商品取引業」の届け出は必ず必要ですから、届け出の有無や会社の所在地などの確認を勧誘してきた相手に投げかけたり、出金の方法も確認してみましょう!

感想とまとめ

 

これまでの運営会社のジュビリーグループの手法を考えると、今回リリースされた GTR「 Globalytics Tech Research 」も私は全く信用していませんし、ポンジスキームの疑いも晴れていませんから”投資詐欺”の可能性が非常に高いです。

新規参入者を再度募って、やがては過去に行なった同様の手法で顧客を騙し、出金停止に追い込むものと考えられます。

 

参加を募った初期のころは、確実に配当金が支払われるでしょうが、問題はそのあとにあるのです。情報弱者の弱みに付け込むアフィリエイター達がしっかりと配当が貰えるので安心して稼げる商材ですよと紹介されるようになるでしょう!

 

高配当を謳ったハイプ案件では、これまでで存続しているものは一つもありません。

その実態は、配当金はMLMなどを使って出資者を募集してその資金を配当に当てる自転車操業をしているに過ぎないからです。

 

新規の参入者が少なくなると、資金繰りがうまくいかなくなるので、いずれは破綻してしまうのです。

この案件もポンジスキームで間違いないでしょうから
参加するべきではないと思います。

 

私が実践している副業投資について

 

投資案件で稼ぎたいという方は、
FXの自動売買システムが良いかと思います。

私は、アフィリエイター兼
FX自動売買EAの検証をしています。

FX自動売買は一度初期設定をすれば、
機械任せで自動的に決済してくれます。

だから、私もブログ記事を更新している時でも
放置で利益を獲得してくれます。

ですから、本業を抱えている方でも
実践しやすいということで
メリットが大きいと思います。

但し優秀なFX自動売買ツールが重要です!

巷にあふれるEAは、50万円とかするような
高額なツールでも稼げないことが多いです。

実際に使ってみればわかります。

私は過去に当時は知識が全くない状態で
情報商材のインフォトップから
40万円近くするFX自動売買ツールを購入しました。

高勝率ということで
2か月ほどは順調に稼げていましたが、
1回の負けだけで
10万円近く損失してしまいました。

これまで蓄積していた利益も、
たった1回の負けだけ全て吹っ飛んで
マイナスが発生してしまったのです。

それが、ひと月に2回ほどあったので、
結局使えば使うほど損失が出るので
そのEAは使わなくなりました。

50万円の資金が3ヵ月運用してマイナス10万円で、
ツール費用と負け分で50万近くの損失でした。

ネットビジネスをやるようになってから、
無料ツール紹介しているブログを目にするようになり、
勝率50%以上のものを試しに
回してみましたが勝てませんでした。

勝率が高いものほど勝てるかどうかは怪しいですね。

そんな時に見つけたのが、
実績を公開しているEAでした。

実績通りの結果を示してくれています。

そんなこんなで、今では副業をしたいけど
できるだけ簡単に稼ぎたいという方の為に
常時10個程EAを回して検証しています。

そこで、最近の荒れた相場でも
勝てているEAのみを紹介することにしているのです。

FXは為替市場の相場で、
コロナの影響で大きく
価格変動するときがあります。

でも、そのタイミングって
誰にも解らないですよね。

このような状況下でも、
しっかりと利益を獲得できている優秀なものは
3つほどあります。

その中でも高い利益率を維持しているものがこちらです。

2021年8月実績

9月と10月では、月利を落としましたが、
100万円での運用実績で20%以上でした。

下記から、過去の運用実績が、日報、週報、月報として
全公開していますので参考にしてください↓

運用実績はコチラから

実践者の声について

口コミ

実践者の口コミを一部紹介しておきますね。

私が紹介したEAを回している様子を友人にみせたら、やって見たいので紹介してくれませんかということでした↓

無料EA口コミ

紹介したくなるほどのEAであることは間違いありません。

ブログ記事では、
FX自動売買システムの概要として、
ロジックの解説などをしていますので
参考にしてみて下さい。

→初心者でも実践できる月利39%のFX自動売買システム

 

私が運用している「FX自動売買システム」を
無料でプレゼントします。

また、運用実績の報告をして頂いた方には、
即金でノーリスクで誰でも
10万円が稼げる方法をお渡しします。

 

COMMENT