アフィリエイト講座

【2022】レンタルサーバーの性能と料金を徹底比較!おすすめできるレンタルサーバーを検証してみた!

TERU
TERU
こんにちは、WEB複業アドバイザーTERUです。

レンタルサーバーって、
種類が多くてどれを選べば良いか解らないですよね。

2022年版で話題になっている
レンタルサーバーを性能と料金で比較をしましたので
参考にしてみてください。

そのような疑問に答えるために、
レンタルサーバーはどれを使うことが
オススメなのかを解説していきます。

 

レンタルサーバーの性能と価格について比較検証

レンタルサーバーの
性能比較をしていきますが、処理速度って結構重要視される要素になります。

サイトの表示に 3 秒以上かかると 53% の訪問者が閲覧を断念し、また表示時間が 1 秒遅れると コンバージョン数が 7% 下がってしまうというデータもあります。

出典:Think with Google

これを踏まえて、サーバーの選択をされることをおすすめします。

Xサーバー


Xサーバーは、運用サイト数が230万件もある
アフィリエイターの一番人気のサーバーです。

TERU
TERU
ちなみに当ブログもXサーバーを使用していますが、トラブルなどはこれまで一切ありませんでした。

・WordPress簡単インストール
・他社のWordPressが簡単移行可能
・無料独自SSL
・自動バックアップ
・無料ドメインが1つ無料

料金は、容量によって差がありますが、
一番下の容量で充分です。

万が一容量が足りなくなれば、後から変更することも可能ですよ。

個人ブログで運用するぐらいなら
容量が足らないということは起こりませんので・・・

PC表示速度:89

スマホ表示速度:78

 

Xサーバーは、月額で495円からなので、
1日当たり17円ぐらいですね。

 

【ConoHa WING】



【ConoHa WING】

は、WEB速度NO.1のレンタルサーバーです。

ゲームジャンルなどになると画像数も増えてきますが、
画像掲載処理速度が遅くなると、
ドメインパワーも下がり
グーグルの評価も下がり上位表示も困難ということに・・・

速度は結構大切な要素の一つになってきますよ。

【WINGパック】

通常価格の最大62%お得!
ドメイン2つが無料という特典付き!

・初期費用無料

同じ申し込むなら、絶対Wパックですね。

PC表示速度:98

スマホ表示速度:86

ロリポップ



一番安くてレンタルサーバーを借りるならロリポップです。

但し、速度はあまり期待できない感じなので、
価格と性能は比例します。

それでも安いのがいいという方向け。

・WordPress簡単設置
・ライトとスタンダードなら初期費用が1650円
・ハイスピードの場合、初期費用が無料

 

PC表示速度:情報なし

スマホ表示速度:情報なし

レンタルサーバー比較の口コミ情報について

 

それでは、ツイッターでリアルな口コミ情報も調べてみました。

ロリポップだけは二度と契約しない

他の方も書いていますが、ロリポップはサポート対応が他のレンタルサーバーでは絶対にありえないほど最悪です。会社としてのサービス精神。ロリポップのカスタマーサービスレベルは最悪というより、そもそも、カスタマーをサポートする気は一切ないレベルだと個人的には感じました。https://minhyo.jp/lolipopより引用

これを見ると、値段につられてロリポップを選びがちですけど、
サポート性の悪さは結構出てきました。

 

まとめ

 

レンタルサーバーは、
シェア数がNO.1のXサーバかConoHa WINGの
どちらかから選択するのが良いと思います。

総合的に判断すると
表示速度が速い【ConoHa WING】ですね。